リボ払いは損です

欲しいものがあった時、でも手元にお金がない時、クレジットカードは本当に便利です。便利ゆえにとても怖い。私はそう思います。現金を即払うわけではないので、お金が減っている感覚がなく気づけば買い物をしすぎているということがあります。そしてつい、リボ払いに。ですがこれはとても危険です。リボ払いは金利手数料がとても高く、気づけば利子だけ払っているかのように借金が膨らんでいきます。一回あたりの支払い額が少ないので、一見便利で都合のいい支払い方法かのように錯覚してしまいますが、お金の管理がきちんと出来る、大物を買う時に一回だけなどでない限り、これは使わない方がいいです。もし今月だと支払えない、というのであれば、ボーナス払いを選択するといいです。ボーナスまでの数ヶ月、リボのようなつもりで貯金をして一気に払えばいいのですから。しかもボーナス払いは何ヶ月か先に払えばいいというものながら手数料がかからない。これは大いに使えます。また、締め日と支払い日の間隔が違うカードを持つこともいいと思います。締め日と支払い日の近いものから遠いものまで、クレジットカードには様々な種類がありますから。今月のここまでは払える分は使ってしまっていても、その次のここなら払える分で今買う。というような使い方が出来ます。というように、なるべく手数料をかけずに使う方法を探れば、クレジットカードはとても便利なものです。リボ払いにしてもったいないお金を支払うことなく、使いこなせるようになるといいと思います。